論文誌への投稿 (Submission to a journal)

投稿をお考えの方は,以下の投稿規定,投稿の手引きを参照してください。

(If you are thinking of submitting manuscripts, please refer to the following
 rules of submitting manuscripts and instructions for authors.)

 
この雑誌は, 日本素材物性学会の学術論文誌として素材物性学に関連した諸分野における価値ある研究報告,総説,解説,技術資料その他の諸情報を掲載しています。

(The academic journal of The Society of Materials Engineering for Resources of JAPAN
  carried original research articles, reviews,
commentaries, technical documents, and
  various other information
 related to materials engineering for resources.)

 

 投稿規定 (Rule for Submitting Manuscripts)

和文(Japanese) 
英文(English)

 

 投稿の手引き (Instructions for Authors)

和文(Japanese) 
英文(English)    
 

 フォーマット (Format)
     投稿時の原稿は1段組でも2段組みでも構いません。
     2段組みで作成する場合は次のフォーマットを利用しても結構です。。

和文(Japanese)   Word形式(2段組み)  PDF形式(2段組み)
英文(English)     Word形式(2段組み)   PDF形式(2段組み)

 

 原稿の表紙 (Header)

和文(Japanese)    Word形式  PDF形式
英文(English)     Word形式  PDF形式 

 

山崎賞

TDK株式会社元会長 山崎貞一氏は、セラミック・電子産業等における素材物性学の発展と、優秀な研究報が投稿されるための一助にと、日本素材物性学会に金一封を寄贈されました。
本学会では氏のご芳志をありがたくお受けし、これを基金として本学会の学術論文誌(『日本素材物性学会誌(旧誌名:素材物性学雑誌)』および『Int. J. Soc. Mater. Eng. Resour. 』)を刊行し、山崎賞を設けて同誌に掲載された優秀な研究報告ならびに総説の著者にこの賞を授与し、素材物性学の研究奨励に資することとした。

若手論文賞

本学会では、素材物性について研究している若手研究者を啓発するために、若手論文賞を設けております。
本賞は、年会または素材物性学国際会議において講演発表した内容を本学会の学術論文誌(『日本素材物性学会誌』又は『Int. J. Soc. Mater. Eng. Resour. 』)に投稿し、掲載された論文の中で、学術上優秀な論文を対象とします。受賞対象者は会員、非会員を問わず、上記論文を発表した発表時の年齢が40歳以下の者です。




Copyright © The Society of Materials Engineering for Resources of JAPAN. All rights reserved.