秋田大学大学院理工学研究科
附属理工学研究センター

Research Center for Engineering and Resouce Science, Akita University
 ホーム
 イベント
 研究スタッフ
 研究概要
 年報(電子版)
 問い合わせ
 アクセス
 パンフレット


リンク
English homepage is here.
学内関連
研究概要

 1. 研究テーマ  2. 論文リスト  3. 実験装置  4. 受け入れ可能な共同研究テーマ


 1. 研究テーマ 全教員の研究内容詳細 (PDF) ←こちらから)


 菅原 透 (研究内容詳細 (PDF) ←こちらから)
 ・マグマの熱力学的性質と元素分配についての研究

マグマ物質に対する元素分配実験と熱量測定実験からマグマの熱力学的性質を明らかにし,それらに基づいて地球上の火山活動において元素が移動,分配,濃集される仕組みについて研究しています.


 ・ガラス融液の熱力学的性質の解明とガラス溶融プロセスへの応用

ガラス材料の熱量測定実験と熱力学データに基づく解析に基づいて,高レベル放射性廃棄物ガラスの高温熱物性,フロートガラスの清澄反応,薄型ディスプレイ用基板ガラスの熱物性などについて研究しています.




 福山 繭子 (研究内容詳細 (PDF)←こちらから)
 ・流体と元素の相互作用の解明

元素の濃集機構,元素の分別,元素の循環と3つの視点から,流体を含め元素そのものの振る舞いを明らかにすることを目指して, 岩石学的手法と同位体化学的手法を用いて研究を行なっている.
具体的テーマ:沈み込み帯における流体挙動、蛇紋岩形成プロセス、鉱床形成環境場における元素挙動、惑星形成




 村上 英樹 (研究内容詳細 (PDF)←こちらから)
 ・天然多孔質材料(珪藻土並びにゼオライト)の高度利用化

 使用済珪藻土と籾殻からの金属シリコンの作製や,簡便な方法による等粒微細炭化珪素の製造に関する研究を行っています. また,天然多孔質材料の特性を活かした,緊急時用や低放射化特性を備えた放射線遮蔽材の開発も行っています.


 ・環境に優しい有害生物駆除剤の開発

 リンゴ酸を用いた有害生物(ヤマビルやナメクジ等)駆除剤を開発し,低環境負荷での駆除方法の確立を目指しています.さらに低農薬農業への展開を想定して,改良研究を行っています.




 齊藤 準( 研究内容詳細 (PDF) ←こちらから)
 ・新規なナノスケール磁気イメージング手法の開発と先端磁性材料・磁気デバイスへの応用

 磁気力顕微鏡(MFM)を基に,新規なナノスケール磁気イメージング手法(従来は困難であった,広帯域の交流磁場の強度と極性を計測可能な交流磁場検出MFM,試料表面近傍での直流磁場の強度と方向を計測可能な近接場MFM、 等)及び,これに用いる高分解能磁性探針を開発し,様々な磁性材料・デバイスに対して性能向上のための微細磁化解析を行っている.




 吉村 哲( 研究内容詳細 (PDF) ←こちらから)
 ・スパッタリング成膜中へのプラズマ照射による高品位薄膜の作製

 高性能薄膜デバイスの実現を目的として、優れた物性を有する機能性材料を生産に適用可能な条件で高品位に薄膜化するために, 超清浄雰囲気下におけるスパッタリング成膜中への高周波プラズマ照射を始めとする種々の成膜プロセスを検討している.




 林 滋生( 研究内容詳細 (PDF) ←こちらから)
 ・電気泳動堆積法により作製したセラミックスのマクロ/ミクロスケール構造制御

 電気泳動堆積(EPD)法は,セラミックスコーティングや自立膜を作製するためのプロセス手法の一種です. この方法では,セラミックス粒子が印加された電界により,電極(基板)に厚膜状に堆積します。EPDプロセスの基礎科学から応用展開まで,さまざまな局面について研究を進めています.


 ・セラミック製造技術による天然原料からの環境調整材料の作製

 主に天然ゼオライトを原料として,電気泳動堆積(EPD)法やジオポリマー反応等の様々なセラミックス作製プロセス手法により,環境調整のための材料を開発しています.




ページトップ↑

 2. 論文リスト  最新のものは,年報をご参照ください.→ 年報(電子版)

   
 

Sugawara T., Shinoya K., Yoshida S. and Matsuoka J. (2011): Thermodynamic mixing properties of liquids in the system Na2O-SiO2, Journal of Non-Crystalline Solids, 357, 1390-1398



Sugawara T., Fujita Y., Kato M., Yoshida S., Matsuoka J. and Miura Y. (2009): Evaluation of voltammetric redox potential for Fe3+/Fe2+ in silicate liquids, Journal of the Ceramic Society of Japan, 117, 1317-1323



Sugawara T., Nakagawa S., Yoshida S. and Matsuoka J. (2009): Enthalpy of mixing of liquids in the system CaMgSi2O6 - CaAl2Si2O8, Physics and Chemistry of Glasses, 50, 384-388



Murakami, H., Odano, N., Sawada, K., Ohnishi, S., Konnai, A., Kobayashi, Y., Ohshima, H. and Okuta, H. (2005): The use of microporous siliceous shale and zeolite for high-performance radiation shielding materials, ICMR2005AKITA, Akita, Japan.



Murakami, H., Kimata, M., Shimoda, S., Ito E. and Sasaki, S. (1992): Solubility of CaMgSi3O8 and Si4O8 endmembers in anorthite, Jour. Min. Pet. Econ. Geol., 87, 491-509.



Murakami, H., Kimata M. and Shimoda, S. (1991): Native copper included by anorthite from the island of Miyakejima: implications for arc magmatism, Jour. Min. Pet. Econ. Geol., 86, 364-374, 1991.



福山繭子・小笠原正継・佐藤比奈子・石山大三 (2010):スカルン中のガーネットの希土類元素組成と資源としての可能性:造岩鉱物中の希土類元素の分配の視点から.月刊地球, 371, 476-483.



Saito, H., Lu, W., Hatakeyama, K., Egawa, G. and Yoshimura, S. (2010): High frequency magnetic field imaging by frequency modulated magnetic force microscopy, Journal of Applied Physics, Vol. 107, p. 09D309.



Saito, H., Ikeya, H., Egawa, G., Ishio, S. and Yoshimura, S. (2009): Magnetic force microscopy of alternating magnetic field gradient by frequency modulation of tip oscillation, Journal of Applied Physics, Vol. 105, p. 07D524.



Saito, H., Egawa, G., Ishio, S. and Li, G. Q. (2008): Magnetic force microscopy imaging of in-plane magnetic field gradient using transient oscillation, J. Appl. Phys., Vol. 103, pp. 07D921-3 (2008).



Yoshimura, S., Kobayashi, H., Egawa, G., Saito, H. and Ishida, S. (2011): Acceleration of ordering transformation of a new Fe2(Mn,Cr)Si Heusler-alloy film by VHF plasma irradiation process during RF sputter deposition”,    Journal of Applied Physics, Vol. 109 (in press).



Yoshimura, S., Omiya, S., Egawa, G., Saito, H. and Bai, J. (2011): Control of magnetic anisotropy field of (001) oriented L10-Fe(PdxPt1-x) films for MRAM application”,    Journal of Physics: Conference Series, Vol. 266, No. 1, p. 012114.



Yoshimura, S., Asano, H., Nakamura, Y., Yamaji, K., Takeda, Y., Matsui, M., Ishida, S., Nozaki, Y. and Matsuyama, K.. (2008): Crystalline structure and magnetic property of Fe2CrSi Heusler alloy films - New ferromagnetic material for high performance MRAM -,    Journal of Applied Physics, Vol. 103, p.07D716.



Hayashi, S., Onoe, J., Ebina, K. and Kodama, N. (2009): Electrophoretic Deposition/Inf iltration of Natural Zeolite Particles on/into Various Substrates,    Key Enginee ring Materials, Vol. 412, p.119-23.



Jha, V.K. and Hayashi, S. (2009): Modification on Natural Clinoptilolite Zeolite for Its NH4+ Retention Capacity.    J. Hazardous Mater., Vol. 169, p.29-35.



Hayashi, S., Sato, C. and Nakagawa, Z. (2006): Effect of Different Electrode Material s on Electrophoretic Depositional Behavior of Yttria-stabilized Zirconia Powde r,    J. Mater. Sci., Vol. 41, p. 8068-73.



Yamamoto, O., Ohira, T., Alvarez, K. and Fukuda M.. (2010): Antibacterial Characteristics of CaCO3-MgO Composites, Materials Science and Engineering B, Vol. 173, p. 208-12.



Ohira, T., Kawamura, M., Iida, Y., Fukuda, M. and Yamamoto, O. (2008): Influence of the Mixing Ratio on Antibacterial Characteristics of MgO-ZnO Solid Solution in Two Phase Coexistence Region, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol. 116[11], p. 1234-37.



Yamamoto, O., Ozkal, B., Jiang, W., Ohira, T. and Nakagawa, Z. (2007): Coating of ZnO Chip with Carbon and Its Effect on Longevity of a Cut Flower, Journal of the Ceramic Society of Japan, Vol. 115, p. 993-995.





ページトップ↑

 3. 実験装置


  本センターには,各種分析装置があります.共同利用可能な実験装置は下記の通りです.(クリックすると画像が表示されます) 
  • 走査型プローブ顕微鏡
 
 
 
 
  • 水熱合成装置
 

 ページトップ↑

 4. 受け入れ可能な共同研究テーマ
  • 鉱物資源・地熱エネルギー資源探査にかかわる研究
  • 温泉水・鉱山廃水・河川水等自然界における重金属の移動・固定と水資源にかかわる研究
  • 珪藻土及びセオライトの農業分野での活用
  • 電気泳動堆積法を利用した各種セラミック原膜の作製
  • 天然原料から作製したジオポリマー物質の機能性に関する研究
  • 磁性材料・磁気デバイスのナノスケール磁気イメージングおよび微細磁化状態解析
  • 高性能薄膜デバイスの形成に向けた各種金属薄膜および酸・窒化物薄膜の高品位作製
  • ガラス融液および製錬スラグの熱力学的性質とガラス溶融プロセス,製錬反応の解明に関する研究
  • 高温下における熱量測定手法の開発と装置の設計・製作
  • 熱力学・岩石学・同位体地球化学を用いた元素と流体の相互作用に関わる研究


ページトップ↑