コース長からのメッセージ

地球科学をもとに資源を評価・探査できる技術者を育てる

私たちが日常の生活を送るためには様々な金属や非金属資源、エネルギー資源を必要とします。地球表面の資源がほとんど開発された現在、地下深部や深海底にある資源を探し出し、開発する必要があります。
 地下深部の資源を探すには、マグマの発生や移動、地殻変動や堆積物の集積など地球で起こる様々な現象を理解し、資源となる元素や鉱物がどのように濃縮するかを解き明かさなければなりません。資源地球科学コースでは、岩石学や鉱物学、堆積学、鉱床学、構造地質学など幅広い分野の学問をもとに、資源がいかにして作られるかを学びます。
 教室での授業だけでなく、秋田県を中心とした野外実習(進級論文)を通して地質調査の技術を身に付けます。さらに海外の資源生産現場での実習(海外資源フィールドワーク)を経て、資源の探査や開発についての知見を深めます。これまで道もない山の中を歩いた経験のない学生にとっては大変な苦労ですが、このような経験が将来、資源系の会社に就職した時に役立ちます。皆さんも資源を探す技術者を目指してみませんか?

資源地球科学コース長 渡辺 寧

組織図―資源地球科学コースの位置付け

学部 学科 コース
秋田大学 国際資源学部 国際資源学科 資源政策コース
資源地球科学コース
資源開発環境コース

資源地球科学コースの沿革

  • 1910 年 3 月 ドイツ・フライベルグ鉱山大学を範に、秋田鉱山専門学校(採鉱学科、冶金学科)創立
  • 1949 年 5 月 秋田大学設立、鉱山学部が設置される(鉱山学科鉱床学課程)
  • 1955 年    鉱山学部 鉱山学科 鉱山地質学教室 誕生
  • 1990 年 4 月 学部の改組・再編に伴い、鉱山学部 資源・素材工学科 応用地球科学教室となる
  • 1998 年 4 月 工学資源学部への改組に伴い、工学資源学部 地球資源学科 応用地球科学教室となる
  • 2014 年 4 月 国際資源学部創設(資源地球科学コース)

  • ※参考文献:丸山孝彦(2009)鉱山地質学教室の歴史.秋田大学工学資源学部研究報告,第30号,45-55.

アクセス

秋田大学手形キャンパスへのアクセス

【秋田空港からJR秋田駅まで】
秋田中央交通リムジンバスで、秋田駅西口まで約35分。

【JR秋田駅から手形キャンパスへの行き方】
◆徒歩
秋田駅東口から北へ 約20分

◆バス(所要時間 約6分)
秋田駅西口バスのりば(下のGoogleマップのストリートビューをご覧ください)
⑫番のりばから 秋田中央交通 手形山経由大学病院線に乗車(約30分間隔でバスが来ます)
「秋田大学前」下車 徒歩1分





秋田大学手形キャンパスマップ