コース長より

地球の活動は我々の社会、生活と密接に関係しています。火山の噴火など災害をもたらすこともありますが、我々の社会を支える燃料資源、鉱物資源などの恵みももたらします。
資源地球科学コースでは、様々な地学現象(火山活動など)、地球の歴史(地史、地質構造)と地球を構成する物質(岩石、鉱物)についての専門科目の履修を通して、石油などの燃料資源、金やレアメタルなどの鉱物資源が「どこに」「どのようにして」生成したのかを学ぶとともに、自らの手で明らかにする能力を「野外での地質調査の実習」と「顕微鏡観察など試料を分析する研究手法の実習」によって身につけていきます。そして、秋田の石油鉱床や黒鉱鉱床や鉱脈鉱床などの金属資源が、日本列島の形成過程の一部として生成したことを授業と野外巡検を通じて学びます。
日本は資源の多くを海外からの輸入に頼っており、海外で資源探査を行なっていく人材が求められています。学部3年次の「海外資源フィールドワーク」では、実際の海外での資源探査、資源開発の現場の実習と地質巡検を通じて、その地域の地質の成り立ちとともに燃料資源、鉱物資源がなぜそこに生成したのかを実地に学びます。世界各地のフィールドがあなたを待っています。

組織図―資源地球科学コースの位置付け

学部 学科 コース
秋田大学 国際資源学部 国際資源学科 資源政策コース
資源地球科学コース
資源開発環境コース

資源地球科学コースの沿革

  • 1910 年 3 月 ドイツ・フライベルグ鉱山大学を範に、秋田鉱山専門学校(採鉱学科、冶金学科)創立
  • 1949 年 5 月 秋田大学設立、鉱山学部が設置される(鉱山学科鉱床学課程)
  • 1955 年    鉱山学部 鉱山学科 鉱山地質学教室 誕生
  • 1990 年 4 月 学部の改組・再編に伴い、鉱山学部 資源・素材工学科 応用地球科学教室となる
  • 1998 年 4 月 工学資源学部への改組に伴い、工学資源学部 地球資源学科 応用地球科学教室となる
  • 2014 年 4 月 国際資源学部創設(資源地球科学コース)

  • ※参考文献:丸山孝彦(2009)鉱山地質学教室の歴史.秋田大学工学資源学部研究報告,第30号,45-55.