本文へスキップ

Environmental Research Center, Akita University

センター長からMessage

ご挨拶

環境安全センター長(兼任)
大学院理工学研究科 物質科学専攻 応用化学コース 教授
加藤 純雄

秋田大学は「地域の振興と地球規模の課題の解決への寄与」を基本理念に掲げ、自然科学、人文社会学、教育および医学などの分野にわたる教育・研究活動を行っています。
  大学における活動は対象となる分野が広く、中でも自然科学、医学分野の実験を伴う教育研究活動及び診療等に伴って有害物を含む廃棄物・排水が発生します。環境安全センターはこれらの廃棄物類を適切に処理し、安全な形で学外へ排出する役割を担っています。これは、秋田大学が地域の中で活動し、地域に貢献する基盤となる信頼を得るために大変重要な活動です。
 大学からの廃棄物や排水は工場等の事業所に比べ、比較的少量で多種にわたることが特徴です。そのため、学外への不適切な排出を防止し適切に取り扱うためには、廃棄物等の処理のみでなく、排出者となる教職員と学生の環境保全に対する十分な知識と意識が必要となります。センターでは、教養科目として「生命と健康−環境安全学−」の講義を開講し、化学物質等の健康への影響や適切に扱うための知識および環境マネジメントシステムの理解を広めています。
 このほか、教職員、学生を対象とした環境安全に関する講習会および地域の皆様も参加いただける講演会を開催し、環境安全に対する理解を広める活動を進めていく予定です。
 今後とも、センターの活動にご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

information

秋田大学環境安全センター

〒010-8543
秋田市本道一丁目1−1

問い合わせ先(事務担当)
秋田大学施設保全課
TEL.018-889-2247