本文へスキップ

Environmental Research Center, Akita University

廃液処理WASTE LIQUID TREATMENT


実験系廃棄物処理の基本方針

 秋田大学環境安全センターでは、学内の教育研究及び診療活動等に伴い生ずる実験系有害廃棄物の中間・焼却処理を行っています。
 大学での廃棄物の発生状況の特殊性を考えると、各部局、各実験室など廃棄物の発生の原点で安全化処理することが最優先です。その上で、排出者の責任でその処理に適合した分別収集をすることが原則となっています。環境安全センターでの処理においては、排出者以外の者が処理を行うことから、排出者は廃液等表示札および廃液引渡伝票に必要事項を正確に記載し、廃棄物の内容等の周知徹底を図る必要がある。
 実験系廃棄物処理の基本方針について詳しくはこちらから

information

秋田大学環境安全センター

〒010-8543
秋田市本道一丁目1−1

問い合わせ先
TEL.018-884-6192