秋田大学 理工学部 生命科学コース 生物機能分子合成化学・超分子化学 研究室 本文へジャンプ
HL_TopPageResearchMembersPublicationsNews ArchivesDepartmentFaculty
 
Laboratory of
Synthetic Bioorganic Chemistry・Supramolecular Chemistry

Department of Life Science, Faculty of Engineering Science, Akita University
Akita 010-8502, Japan

 
 住所: 〒010-8502 秋田県 秋田市 手形学園町 1-1
 所在: 理工学部 4号館 3階西側
 電話: 018-889-2440 (藤原・4-313室); 018-889-2441 (秋葉・4-312室);
     018-889-2442 (近藤・4-311室); 018-889-3230 (学生居室・4-320室)
 

生物機能分子合成化学・超分子化学 研究室の研究概要
Research Fields: Synthetic Bioorganic Chemistry・Supramolecular Chemistry
生物機能の発現・観測・模倣を目指した有機化学的研究に取り組んでいます。
具体的には、特異な生物活性を示す天然物の全合成と活性発現機序の解明、細胞の分子標的を特異的かつリアルタイムにその場観察する化学修飾電極の開発、超分子相互作用を利用した特異な機能を持つ非天然有機分子の創成とその構造・物性・生物学的研究、を内容とします。

Total synthesis of bioactive natural products and elucidation of their mode of action;
Development of nano-electrodes modified with functionalized organic compounds for real time and in situ monitoring of specific targets in live cells;
Structural, physical, and biological studies on non-natural organic compounds having special functions based on supramolecular interactions.

Pectenotoxin-2
全合成が完了した、または、継続中の天然物


研究概要図
新たに開発に成功した機能性分子

 
 
お知らせ News
2018/11/21 付けお知らせ: 有機合成化学協会東北支部 秋田地区講演会(秋田大学理工学部生命科学科共催)のため、中部大学 応用生物学部  准教授 大場裕一先生と五稜化薬株式会社 製品開発部 鈴木悠記先生がご来学下さり、地方創生センター2号館大セミナー室に於いて 「蛍光と発光の化学・生物学」というミニシンポジウムにてご講演下さいました。鈴木先生には、生命科学分野の基盤技術としての蛍光剤の基本をお話頂きました。 大場先生には、発光生物についての興味深いお話をお伺いしました。有難うございました。
 また、大場先生は、この機会に本学の敷地内でホタルミミズの生息を確認され、現時点での日本の生息北限が秋田であることを明らかにしています。 鈴木先生と藤原はホタルミミズが実際に光る様子を観察させて頂きました。 このニュースは、2018年12月24日付の秋田魁新報の社会面に掲載されました(新聞掲載の発光の写真は当研究室内で撮影されました)。

Prof. Oba, Prof. Fujiwara and Dr. Suzuki

2018/9/28 付けお知らせ: 当研究室にあらたに8名の3年生が配属されました。大いに成長が期待されます。
2018/6/28 付けお知らせ: 秋田大学 理工学部 生命科学科 特別講演会のため、北海道大学 名誉教授 小林淳一先生がご来学下さり、秋田大学60周年記念ホールに於いて「Bioactive Natural Products Research: Past, Present and Future」という演題でご講演下さいました。真剣な研究姿勢を学ぶ機会となりました。有難うございました。

Prof. Junichi Kobayashi

2018/4/1 付けお知らせ: 当研究室に1名の大学院博士後期過程の社会人学生が所属しました。今後の研究展開が楽しみです。

2018/3/31 付けお知らせ: 当研究室より5名の学士と2名の修士、および1名の博士(北大依託学生)が社会に巣立ちます。また、2名の学士が大学院修士過程に、1名の修士(北大依託学生)が大学院博士後期過程(東北大学大学院薬学研究科)に進学します。

過去のお知らせはこちらから

 
Laboratory of Synthetic Bioorganic Chemistry・Supramolecular Chemistry