研究プロジェクト

SATREPS


 持続可能な発展のためには、レアメタルなどもふくめ種々の資源の供給が必要です.一方、資源供給のための資源開発の活発化とともに、広域的な環境汚染が資源の安定供給に対する阻害要因となりつつあります。本研究では資源開発の行われている地域において、先進リモートセンシングデータと地表データを組み合わせた3次元的な環境評価・解析と高度な金属回収技術を融合し、持続的な資源開発に不可欠な、開発と環境との両立を目指した広域環境評価修復システムの研究開発を行っています。具体的には、資源開発により環境への深刻な影響が広域におよんでいるセルビア共和国において、鉱業廃棄物の拡散と環境汚染の評価および高度な金属回収技術の適用による、鉱業廃棄物や廃水の無害化と資源化のための実証を踏まえた上で、鉱山地域における環境の評価修復システムを構築することを目指しています。
 SATREPS(サトレップス)とは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と独立行政法人国際協力機構(JICA)が共同で実施している、地球規模課題解決のために日本と開発途上国の研究者が共同で研究を行う3~5年間の研究プログラム(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム、Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development、予算約5億円)です。

関連研究室

資源環境物質循環研究室
資源処理工学研究室

研究スタッフ

石山 大三(研究代表者、教授)
柴山 敦(教授)
別所 昌彦(准教授)
小川 泰正(准教授)
高崎 康志(准教授)
芳賀 一寿(助教)
若狭 幸(特任助教)
川原谷 浩(総括技術長)
佐藤 比奈子(技術専門員)

関連リンク


NEDO地熱発電技術研究開発


 再生可能エネルギー導入拡大が望まれる中、世界第3位となる地熱資源を有する我が国では、ベース電源として活用可能な地熱発電が大きな注目を集めています。地熱開発の中で低温域の地熱資源を活用する温泉バイナリー発電システムは、全国各地に分布する温泉熱エネルギーを発電に利用するため地域分散型の電源として活用でき、地域経済の活性化に対する貢献が期待されております。しかしながら、実証試験が進むにつれて、配管に付着する温泉スケールが普及に向けた大きな阻害要因であることが判明してきました。
 本研究開発では、配管に付着した温泉スケールを機械的に効率良く洗浄するメカニカルデスケーリング法を開発することを目的として、秋田大学、(株)管通、東北大学、東京海洋大学による大学と民間企業の連携による研究体制のもと、スケール・温泉水の分析、スケールモニタリング法およびスケール除去装置の開発などを行っております。

関連研究室

岩盤工学研究室

研究スタッフ

木崎 彰久(研究代表者、准教授)

関連リンク


NEDO再生可能エネルギー熱利用技術開発


 地中熱利用は、省エネルギー効果が高く、どこでも利用でき、ヒートアイランド現象の抑制につながるなどのさまざまなメリットがありますが、高額な導入コストが大きな課題となっています。NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合研究所)の委託事業「再生可能エネルギー熱利用技術開発」では、再生可能エネルギー熱利用のコストダウンを促し、その普及拡大に貢献するための技術開発を目的としています。
 本プロジェクトにおいて秋田大学では、地中熱ヒートポンプシステムにおける地中熱交換井の能力改善を目的とした研究を行っています。2本の熱交換井の一方から地下水をくみ上げ、もう一方の熱交換井に注水して人工的な地下水流れを作り、熱交換能力の改善を図る「半開放式地中熱システム」を大学内に設置してフィールド試験を行うとともに、フィールドデータを元に作成した数値モデルを使ったシミュレーションにより、様々な運転条件による省エネルギー性の検討や、システムの経済性評価などを行っています。

関連研究室

エネルギー資源工学研究室

研究スタッフ

藤井 光(研究代表者、教授)
小助川 洋幸(技術専門員)

関連リンク