更新情報:2017/7/4 NEW 研究業績,講演 更新

***** 渡辺一也 紹介 *****

(渡邉)が正式の文字ですが,普段は渡辺を使用しています.



【学歴・職歴】
(赤字は継続)

・平成 11年 3月  長野工業高等専門学校 環境都市工学科 卒業 準学士

・平成 11年 4月  前橋工科大学 建設工学科 編入学

・平成 13年 3月  前橋工科大学 建設工学科 卒業 学士(工学)(前橋工科大学)

・平成 13年 4月  東北大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士前期課程 入学

・平成 15年 3月  東北大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 

博士前期課程 修了 修士(工学)(東北大学)

・平成 15年 4月  東北大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士後期課程 入学

・平成 18年 3月  東北大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 

博士後期課程 修了 博士(工学)(東北大学)

・平成 17年 3月〜平成183月 リサーチアシスタント

・平成 18年 4月〜平成213月 港湾空港技術研究所 津波防災研究センター 特別研究員

・平成 21年 4月〜平成219月 高松工業高等専門学校 建設環境工学科 助教

・平成 21年 7月〜平成223月 徳島大学特別研究員併任

・平成 2110月〜平成229月 (改組)香川高等専門学校 高松キャンパス 

建設環境工学科 助教

・平成 224月〜現在     財団法人建設工学研究振興会 非常勤研究員 併任

・平成 2210月〜247月     香川高等専門学校 高松キャンパス 建設環境工学科 講師

・平成 247月〜249月 香川高等専門学校 高松キャンパス 非常勤講師

・平成 247月〜現在 秋田大学工学資源学研究科土木環境工学専攻 講師

・平成 254月〜現在 地域防災力研究センター 研究員・委員(津波災害分野,河川災害分野) 併任

・平成 264~平成283月 秋田工業高等専門学校 非常勤講師



【研究業績】

緑:2014

紫:2015

青:2016

桃:2017

【査読付き論文】

(1)     渡辺一也藤井龍也:第二波目以降が最大津波となる場合の津波避難シェルターの挙動に関する検討,土木学会論文集B3(海洋開発),2017.(CD-ROM

(2)     渡辺一也・遠野雄樹:建物上に設置した浮体式シェルターの挙動分析と流速・波力に関する検討,土木学会論文集B3(海洋開発),2017.(CD-ROM

(3)     Tanaka, H., Mitobe, Y., Tiwari, N., Watanabe, K. and Watanabe, Y. (2016): A New Approach to Numerical Modeling of Tsunami Considering Unsteady Boundary Layer Development, Proceedings of The 3rd International Conference on Coastal Zone Engineering and Management in the Middle East (Arabian Coast 2016) (Nov 20-23, Dubai UAE), 2016. (Keynote lecture)

(4)     Watanabe, K. and Miura, Y.: Examination about the formation of river mouth sandbar by the influence of river discharge and ocean waves at yoneshiro river mouth, Proceedings of the Vietnam-Japan Workshop on Estuaries, Coasts, and Rivers 2016 (USB)

(5)     Watanabe, K.Investigation of Saline Water Intrusion and Tidal Discharge for Different Type of River Mouths at the Sea of Japan Side, The 3rd symposium on Two-phase modelling for Sediment dynamics in geophysical flows (THESIS 2016),USB

(6)     渡部 靖憲・田中 仁・三戸部佑太・渡辺一也:高解像地形データ上のAMR-CIP系津波遡上計算アプローチ,土木学会論文集B2(海岸工学)Vol.72, I_283-I_288, 2016.

(7)     松冨英夫・今野史子・齋川 聖・鎌滝孝信・渡邉一也:津波氾濫水密度の土砂堆積や遡上高への影響土木学会論文集B2(海岸工学)Vol. 72, No. 2 p. I_397-I_402, 2016.

(8)     三戸部佑太・渡辺一也・田中 仁・Neetu Tiwari・渡部靖憲:津波規模に応じた河道内水位変動過程に関する数値実験,土木学会論文集B2(海岸工学)Vol. 72No. 2 p. I_271-I_2762016

(9)     三戸部佑太・Neetu Tiwari渡辺一也・田中 仁・渡部靖憲:浅水流方程式と乱流モデルを組み合わせた津波河川遡上数値計算,土木学会論文集B2(海岸工学)Vol.72, pp. I_259-I_264, 2016.

(10)  渡辺一也・高橋侑矢・森澤海里:波浪データを使用した海上風推定手法に関する検討,土木学会論文集G(環境),Vol.72No.5pp.T_59-T_64, 2016

(11)  金井純子・湯浅恭史・中野 晋・渡辺一也:要配慮者利用施設の初動対応・事業継続におけるタイムラインの必要性,土木学会論文集F6(安全問題),Vol.71No.2pp.47-54, 2015

(12)  渡辺一也・小此木啄哉・今井勇士:河口形状の異なる日本海側河川を対象とした塩分遡上と入退潮量に関する検討,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.71(2)pp.409-414, 2015.(DVD-ROM

(13)  Kazuya WATANABE, Toshiki KANNARI and Akane ITO: Investigation of Wave Set-up and Tidal Discharge due to Winter Storm Waves at the Sea of Japan side River Mouth, Vietnam - Japan Workshop on Estuaries Coasts and Rivers 2015(USB)

(14)  渡辺一也・金子祐一:津波避難ビル上に設置した浮体式津波シェルターの挙動に関する検討,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 71(2), I_701-I_7062015.(CD-ROM

(15)  渡辺一也,神成寿樹,伊東緋音:日本海側河川を対象とした冬季高波浪時のwave set-upと入退潮量に関する検討,土木学会論文集B2(海岸工学),第70(2), p.401-405, 2014

(16)  Watanabe, K. and Nomura, K.: Study of River Management Method Using Multipurpose Numerical Calculation at Small and Medium –Sized River, Proceedings of 19th APD-IAHR Congress, 2014. (USB)

(17)  野村一至・渡辺一也:汎用モデルを使用した2級河川に関する河川管理手法の検討,土木学会地球環境研究論文集,第22巻,p. 235-2402014

(18)  松林由里子・渡辺一也・川越清樹:豪雨発生が社会基盤施設に及ぼした被害に関する研究,土木学会地球環境研究論文集,第22巻,p. 249-2562014

(19)  渡辺一也・松谷和明浮体式津波避難シェルターを利用した津波避難に関する検討土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.70p.313-318, 2014.(CD-ROM

(20)  Watanabe, K. and Nomura, K.: Investigation of Ocean Wind Estimation Technique Using Wave Data and SMB Method, Proceedings of the 7th International Conference on Asian and Pacific Coasts(APAC 2013) Bali, Indonesia, September 24-26, 2013.(USB)

(21)  Nomura, K. and Watanabe, K. :Survey on Relationship between the River Topography and Water Level Fluctuation at Kotogawa River, The 12th International Symposium on River Sedimentation (ISRS2013)2013 (USB)

(22)  渡辺一也・藤井愛彦・徳田 章・野村一至・中島香織:若年層を対象とした津波・高潮災害による被害低減に関する検討,海岸工学論文集, 58巻,pp.1241-12452011.

(23)  Nomura, K. and Watanabe, K. :Study of the Potential for Using Wind Power on Ships, Coastal Structures 2011, 2011. (CD-ROM)

(24)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Influence of Tidal Inlet Depth on Water level Response and Salinity Intrusion in a Lagoon, 32nd International Conference on Coastal Engineering, 2010.

(25)  渡辺一也波浪データを利用した海上風観測手法に関する検討,海洋開発論文集, pp.1251-1256,第26巻,2010.

(26)  宇野宏司・中野 晋・梅岡秀博・渡辺一也:平成21年台風9号による洪水・氾濫特性 ―兵庫県佐用町久崎地区を例として―,水工学論文集,第54巻,pp.865-870 2010

(27)  渡辺一也・田中 仁・金山 進・Purwanto Bekti Santoso:感潮狭水路水深がラグーン内水位応答および流入塩分に及ぼす影響, 海岸工学論文集, 56巻,pp.416-4202009.

(28)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: An Estimation Method of Water Depth at River Mouths and Its Applicability, Proceedings of the third international conference on estuaries and coast, pp.769-775, 2009.

(29)  Watanabe, K., Tanaka, H., Srivihok, P. and Kourai, M.: Analysis of Sand Spit Decline at the Natori River Mouth Using Highly Frequent Aerial Photographs, Proceedings of the third international conference on estuaries and coast, pp.225-232, 2009.

(30)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダによる自己完結型の吹送流推定システムの提案,海洋開発論文集,第24巻,pp861-8662008

(31)  Nguyen, T. Watanabe, K. and Tanaka, H. : Sand bar Development after Flushing at the Natori River Mouth, Asian and Pacific Coasts 2007 September 21-24, pp.1392-1403, 2007.

(32)  渡辺一也・田中 仁:河口水位データに内包された河口地形情報の抽出方法とその評価,海岸工学論文集,第54巻,pp.366-370,2007

(33)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダによる津波観測の実現に向けた吹送流成分の除去手法の検討,海洋開発論文集,第23巻,pp.1129-11342007

(34)  Watanabe, K., Tanaka,H., Yamaji,H. and Asayama,J. : Estimation of Seasonal Water Depth Variation at the Natori River Mouth Using Water Level Data, Proceedings of 15th APD-IAHR Congress, pp.979-985, 2006.

(35)  渡辺一也・朝山順一・田中 仁・山路弘人: 水位データにより推定される名取川河口水深の季節変動について, 海岸工学論文集, 52, pp.336-340, 2005

(36)  高麗幹大・田中 仁・渡辺一也Patchanok Srivihok: 高頻度空中写真を利用した名取川河口砂州変遷の解析, 海岸工学論文集, 52, pp.591-595, 2005.

(37)  渡辺一也Nguyen Trong Tu・田中 仁: 洪水時の河口砂州崩壊とその回復過程, 海岸工学論文集, 52, pp.586-590, 2005

(38)  渡辺一也・田中 仁・中山大輔: 中小河川の河口地形変動とそのモニタリングに関する検討, 河川技術論文集, No.11, pp.351-356, 2005.

(39)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Investigation on seasonal variation of water depth at a river mouth in response to river discharge and wave action, Proceedings of 3rd Asian and Pacific Coastal Engineering Conference, 2005.CD-ROM

(40)  Pornpinatepong, S., Tanaka, H., Watanabe, K. and Srivihok, P.: Shoreline change in Yuriage Fishing Port due to breakwater extension, Proceedings of 14th APD-IAHR Congress, pp.1109-1114, 2004.

(41)  Watanabe, K., Tanaka, H. and Sasaki, M. : Estimation of water depth at a river mouth using water level variations -application to Lake Jusan- , Proceedings of 14th APD-IAHR Congress, pp.1141-1146, 2004.

(42)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Use of water level variation for estimating water depth at a river entrance, Proceedings of 9th International Symposium on River Sedimentation, pp1925-1932, 2004.

(43)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Recovery process of sand spit at the Natori River mouth, Proceedings of 2nd Asian and Pacific Coastal Engineering Conference, 2004. (CD-ROM)

(44)  渡辺一也・田中 仁: 名取川感潮域における水位応答を利用した河口水深の推定, 海岸工学論文集, 50, pp.61-65, 2003.

(45)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Accuracy of an estimation method of water depth at a river mouth using water level variation, Proceedings of International Symposium on Estuary and Coast, pp.146-152, 2003.

(46)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Mophological Change at the Natori River mouth Caused by Reduction of Tidal Compartment , Proceedings of XXX IAHR Congress, pp.547-553, 2003.

(47)  渡辺一也・田中 仁: 潮位変動に対する河口水位応答から推定される河口水深の精度, 河川技術論文集, No.9, pp.269-274, 2003.

(48)  渡辺一也・田中 仁・槻山敏昭: 名取川における河口処理と地形変化, 海岸工学論文集, 49, pp.1361-1365, 2002.

(49)  Watanabe, K., Tanaka, H. and Yamaji, H.: Detailed observation of water level variation at the mouth of Natori River, Coastal Environment -Environmental Problems in Coastal Region IV-, pp.269-278, 2002.

(50)  渡辺一也・山路弘人・田中 仁: 名取川河口水位変動の詳細計測,河川技術論文集, No.8, pp.401-406, 2002.

 【査読付き教育論文】

(1)     渡辺一也・藤井愛彦:早期避難のための高専生と大学生を対象とした防災意識調査,論文集「高専教育」第35号,pp.637-642,2012.



【紀要等に発表した論文,国内】

(1)     渡辺一也・小笠原敏記・川越清樹・松林由里子:2016年に発生した台風10号による被害,秋田大学大学院理工学研究科附属地域防災力研究センター報告,第11号,pp.12-15, 2017.

(2)     池森俊介・渡辺一也・萩原照通:馬場目川における粒径を考慮した数値計算に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(3)     熊谷昂平・渡辺一也:米代川河口地形に作用する波浪・河川流量の応答性に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(4)     古仲陽穂・渡辺一也:子吉川における塩分遡上特性に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(5)     谷 賢太郎・渡辺一也:東北日本海側における潮位変動に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(6)     藤井龍也・渡辺一也:第二波目以降が最大津波となる場合の津波避難シェルターの挙動に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(7)     田名部 理・渡辺一也:海上風推定に周期と波形勾配が及ぼす影響について,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(8)     安田 慎吾・鎌滝孝信・渡辺一也:秋田県沿岸市町の中学校における生徒の防災意識に関する研究,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2017CD-ROM

(9)     藤井龍也・渡辺一也:浮体式津波避難シェルターの挙動に関する検討〜第二波目以降が最大津波となるケースを想定した検討〜,東北地域災害科学,第53巻,2017

(10)  古仲陽穂・渡辺一也:子吉川を対象とした塩分遡上に関する検討,東北地域災害科学,第53巻,2017

(11)  安田慎吾・鎌滝孝信・渡辺一也:秋田県沿岸市町における中学生の防災意識に関する研究,東北地域災害科学,第53巻,2017

(12)  三浦雄大・渡辺一也:秋田の一級河川を対象とした河口水理に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(13)  高橋侑矢・渡辺一也:波浪データを用いた海上風推定手法に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(14)  佐藤健太・鎌滝孝信・渡辺一也:秋田県内の小学生および保護者の防災意識に関する研究,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(15)  土屋 駿・渡辺一也:十三湖水戸口を対象とした河口水理に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(16)  高橋 寛・渡辺一也:名取川河口における東日本大震災前後での水理特性の変化に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(17)  大桃直人・渡辺一也20138月豪雨を対象とした洪水再現計算,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(18)  山中智久・渡辺一也:北上川周辺を対象とした津波に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(19)  遠野雄樹・渡辺一也:建物上に設置した浮体式シェルターの挙動分析と流速・波力に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2016CD-ROM

(20)  高橋侑矢・渡辺一也:波浪データを使用した海上風推定手法に関する検討,東北地域災害科学,第52, pp.121-126, 2016

(21)  金井純子・湯浅恭史・中野晋・梅岡秀博・渡辺一也:豪雨災害における要配慮者利用施設の避難確保計画,土木学会四国支部 平成26年自然災害フォーラム,2015

(22)  小此木啄哉・渡辺一也:河口形状の異なる河川を対象とした塩分遡上と入退潮量に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2015CD-ROM

(23)  湊 顕彦・渡辺一也:北上川周辺における東日本大震災以前を対象とした予測に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2015CD-ROM

(24)  八代 星人・渡辺一也:東日本大震災以前を対象とした三陸沖津波予測に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2015CD-ROM

(25)  金子祐一・渡辺一也:津波避難ビル上に設置した浮体式シェルターの挙動に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2015CD-ROM

(26)  高久康太 ・鎌滝 孝信・渡辺一也:秋田県内の初等教育における防災教育の課題抽出に関する研究,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2015CD-ROM

(27)  今井 勇士,渡辺一也:米代川を対象とした河口水理学特性の検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2015CD-ROM

(28)  今井 勇士,小此木啄哉,渡辺一也:秋田県の一級河川を対象とした塩分遡上と入退潮量に関する検討,東北地域災害科学,第51, pp.219-2242015

(29)  金子祐一,渡辺一也:津波避難ビル上に設置したシェルターの挙動に関する検討,東北地域災害科学,第51, pp145-150, 2015

(30)  松冨英夫,渡邉一也,伊藤あさみ,決得元基:201389日秋田・岩手豪雨における鉄道盛土の被災事例と教訓,秋田大学大学院工学資源学研究科附属地域防災力研究センター報告,第8号,pp.25-28, 2014.

(31)  松冨英夫,渡邉一也,伊藤あさみ,決得元基:201389日秋田・岩手豪雨における鉄道盛土の被災事例と教訓,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(32)  関橋直紀,渡辺一也:航路維持に向けた風力エネルギーの活用に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(33)  福田喬太,渡辺一也:米代川における洪水再現計算,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(34)  伊東緋音,神成寿樹,渡辺一也:現地観測による子吉川のwave set-upと入退潮量に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(35)  伊藤あさみ,鎌滝孝信,渡辺一也:地域特性を考慮した地震・津波防災教育についての検討:秋田県の小中学校におけるアンケート調査から,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(36)  神成寿樹,伊東緋音,渡辺一也:現地観測と写真解析を用いた米代川におけるwave set-upと入退潮量について,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(37)  齋藤 佑,渡辺一也20138月に発生した秋田豪雨災害を対象とした現地観測について,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(38)  松谷和明,渡辺一也:浮体式津波避難シェルターを利用した津波避難に関する検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2014CD-ROM

(39)  伊藤あさみ,鎌滝孝信渡辺一也:秋田県における地域特性を考慮した防災教育についての検討:小学校の児童・保護者・教職員を対象としたアンケート調査を基に,東北地域災害科学,第50, pp.275-280,2014

(40)  松冨英夫,渡邉一也,伊藤あさみ,決得元基:201389日秋田・岩手豪雨における鉄道盛土の被災事例と教訓,東北地域災害科学,第50, pp.87-90, 2014

(41)  齋藤 佑・福田喬大・渡辺一也:秋田豪雨災害を対象とした現地観測について〜20138月に発生した豪雨災害を対象として〜,東北地域災害科学,第50巻,pp.91-96, 2014

(42)  野村一至・渡辺一也:汎用モデルを使用した河道内津波遡上に関する検討,日本流体力学学会年会2013 講演論文集,2013USB

(43)  渡辺一也・野村一至:瀬戸内の中小河川を対象とした河床土砂移動の検討,混相流シンポジウム2013概要集,2013USB

(44)  野村一至・渡辺一也:瀬戸内河川における洪水・津波来襲時の河道内流れの検討, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要,2013CD-ROM

(45)  野村一至・渡辺一也:中小河川香東川を対象とした河床変動の検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2013CD-ROM

(46)  川井雅視・溝渕優太・松浦元輝・野村一至・渡辺一也:香東川を対象とした河床変動の検討,日本流体力学学会年会2012 講演論文集,2012CD-ROM

(47)  野村一至・渡辺一也・松浦元輝・柿原祐介・濱口竜一:香東川を対象としたニ次元非定常モデルによる植生を考慮した洪水流計算,日本流体力学学会年会2012 講演論文集,2012CD-ROM

(48)  柿原祐介・松浦元輝・平尾基繁・野村一至・渡辺一也:二級河川香東川を対象とした地形測量による現状把握,日本流体力学学会年会2012 講演論文集,2012CD-ROM

(49)  渡辺一也・平尾基繁・植松竜輝:教育支援のための津波・高潮可視化装置の開発,香川高等専門学校研究紀要 第3号,pp47-522012

(50)  野村一至・渡辺一也:中小河川を対象とした二次元非定常モデルによる洪水流計算,土木学会四国支部技術研究発表会講演概要,2012.(CD-ROM

(51)  宮本将平・渡辺一也・野村一至:香川県を対象とした数値計算による歴史津波の検討,土木学会四国支部 平成24年自然災害フォーラム,pp.87-94, 2012

(52)  Nomura, K. and Watanabe, K. : Examination Concerning the Potential of Wind Power Generation in a Ship, 1st International Symposium on Technology for Sustainability(ISTS2011),2012,(USB

(53)  野村一至・篠原実果・渡辺一也:香川県における中小河川の河口特性に関する検討,日本流体力学会年会2011 講演論文集(CD-ROM

(54)  渡辺一也:海洋短波レーダを用いた面的海上風観測に関する検討,財団法人 建設工学研究振興会年報,第46巻,2011

(55)  野村一至・渡辺一也:二級河川香東川を対象とした数値計算による洪水再現,土木学会四国支部技術研究発表会講演概要,2011

(56)  野村一至・木村健人・徳田 章・渡辺一也 香東川を対象とした河川横断測量による現地調査,東北地域災害科学,2011

(57)  野村一至・渡辺一也:二級河川香東川における河口特性に関する検討,「河口閉塞 〜河口部における土砂堆積モニタリングと長期予測〜」研究集会要旨集,2011.(CD-ROM

(58)  野村一至・渡辺一也:船舶における風力発電の利用ポテンシャルに関する検討,日本流体力学会年会2010 講演論文集,(CD-ROM

(59)  Kazuya Watanabe: Investigation of Water Depth Estimation Method at River Mouths from Physical Model,International Symposium on Innovative Technology towards Sustainable Society ITSS2010, pp.52-55,2010.

(60)  薬師侑祐・渡辺一也・多川 正:香川高専を対象とした太陽光発電の設置と利用に関する検討,土木学会全国大会,2010CD-ROM.

(61)  小林 史・渡辺一也・藤井愛彦:波浪データを利用した海上風推定手法に関する検討,土木学会四国支部技術研究発表会講演概,2010CD-ROM.

(62)  藤井愛彦・渡辺一也・小林 史:香川県におけるハザードマップ有効活用のための防災意識調査−香川高等専門学校 建設環境工学科を対象として−,土木学会四国支部技術研究発表会講演概,2010CD-ROM.

(63)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダによる津波観測の実現に向けた吹送流推定システムの検討,港湾空港技術研究所資料,No.119718p2009

(64)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダを使用した海上風推定手法にうねりが及ぼす影響について,日本流体力学会 年会2008 講演論文集(CD-ROM

(65)  富田孝史・有川太郎・辰巳大介・本多和彦・東野洋司・渡辺一也2007年ソロモン諸島津波の現地調査報告,港湾空港技術研究所資料,No.1179, 41p, 2008.

(66)  渡辺一也・田中 仁:河口水位データに内包された河口地形情報の抽出方法とその評価, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,pp.310-311,2006.

(67)  守永晃夫・田中 仁・渡辺一也・金里学・山路弘人・高橋みつる:長面浦における水位変動特性に関する研究, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,pp.326-327,2006.

(68)  高麗幹大・渡辺一也・田中 仁:空中写真を利用した名取川河口周辺汀線変化に関する研究, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,pp.326-327,2006.

(69)  渡辺一也・田中 仁・山路弘人: 七北田川河口水深の短期変動について, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp.348-3492005.

(70)  朝山順一・渡辺一也・田中 仁・山路弘人: 水位データより推定した名取川河口水深の季節変動, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp.164-1652005.

(71)  高麗 幹大・Patchanok SRIVIHOK渡辺一也・田中 仁: 空中写真による名取川河口砂州変化の検討, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp160-1612005.

(72)  渡辺一也・田中 仁:河川流量・波浪に呼応した名取川河口水深の周年変動に関する検討, 東北地域災害科学研究, 2005.

(73)  渡辺一也・田中 仁: 岩木川水戸口における河口水深の推定, 河口研究, 10, pp.3-1-3-4, 2004.

(74)  渡辺一也・田中 仁・佐々木幹夫: 十三湖水戸口における河口水深の推定, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp.188-189, 2004.

(75)  須貝梨沙・渡辺一也・田中 仁: 名取川河口域の水理と地形変化, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp.182-183, 2004.

(76)  田中 仁・ソンブン ポンピナテポン・渡辺一也・パチャノク スリヴィホク: 閖上漁港の防波堤延伸に伴う港内汀線の変化, 東北地域災害科学研究, 40, pp.247-252, 2004.

(77)  渡辺一也・田中 仁: 十三湖水戸口における水位変動特性と地形変化, 河口研究, 9, pp.2-1-2-4, 2003.

(78)  渡辺一也・田中 仁: 河口部における地形変化に対する水位の応答特性, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp.146-147, 2003.

(79)  渡辺一也・田中 仁: 洪水後の名取川河口砂州変形過程, 東北地域災害科学研究, 39, pp.111-116, 2003.

(80)  渡辺一也・田中 仁:台風0206による洪水時の名取川河口地形変化とその回復過程, 21回日本自然災害学会学術講演会論文集, pp.111-112, 2002.

(81)  渡辺一也・田中 仁:台風0206洪水時の名取川河口地形の変化とその回復過程, 河口研究, 8, pp.4-1-4-4, 2002.

(82)  山路弘人・渡辺一也・田中 仁: 汎用品を用いたメモリ式水位計の試作と応用,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要, pp.260-261, 2002.

(83)  渡辺一也・田中 仁: 名取川河口改修に伴う河口地形・水位変動の変化, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概, pp.164-165, 2002.

(84)  渡辺一也・田中 仁: 名取川河口改修前後の河口砂州地形の変化, 東北地域災害科学研究, 38, pp.197-202, 2002.

(85)  渡辺一也,梅津 剛:炭素繊維濾材を用いた高濃度アンモニアと硝酸態窒素の除去装置の開発,土木学会関東支部技術研究発表会, 28, pp. 848-849, 2001

【講演】

(1)     渡辺一也:避難ビルとシェルターを使用したハイブリッドな津波対策について,「男鹿市の津波防災について考える:東日本大震災から6年を経て」,2017325日,男鹿市民ふれあいプラザ ハートピア

(2)     Hitoshi Tanaka, Yuta Mitobe, Neetu Tiwari, Kazuya Watanabe and Yasunori Watanabe: A new approach to numerical modeling of tsunami considering unsteady boundary layer development, Proceedings of The 3rd International Conference on Coastal Zone Engineering and Management in the Middle East (Arabian Coast 2016) (Nov 20-23, Dubai UAE), 2016. (Keynote lecture)

(3)     渡辺一也:浮体式津波避難シェルターを使用した津波避難について,潟上市の津波防災について考える:東日本大震災から5年を経て,2016326日,潟上市飯田川公民館

(4)     渡辺一也:低平地における津波避難手法について,秋田中央建設業技術推進協議会技術研修会,2016223

(5)     渡辺一也:低平地における津波避難手法について‐津波避難ビルと津波避難シェルターのハイブリッド活用‐,水災害の防災に関する講演会,2015328日,潟上市昭和公民館

(6)     田中 仁・渡辺一也:津波の河川遡上特性に関する研究-2011年東日本大震災津波と2010年チリ地震津波の比較研究-,河川整備基金助成事業成果発表会,2013116日,東京

(7)     Kazuya WATANAE: An Estimation Method of Water Depth at River Mouths and Its Applicability, Japan-Korea Seminar on Castal Disaster in Urban Areas, Kyoto University,招待講演. 2010128

(8)     渡辺一也:「津波のリアルタイム観測技術と防災に関する研究」,平成19 年度 3回「地球環境ゼミナール」, 長野,長野高専地域共同テクノセンター,2008 02 08 .

 



【著書】

(1)     「日本の河口」,澤本正樹・真野 明・田中仁編,古今書院p.2872010(共著)ISBN978-7722-6107-4

【賞】

(1)     河川整備基金助成事業による研究成果表彰(田中 仁・渡辺一也:津波の河川遡上特性に関する研究-2011年東日本大震災津波と2010年チリ地震津波の比較研究-),2013116日,東京

(2)     平成21年度建設工学研究奨励賞,2010517日,仙台



【口頭発表もしくはポスター発表】

(1)     Watanabe, K. and Miura, Y.: Examination about the formation of river mouth sandbar by the influence of river discharge and ocean waves at yoneshiro river mouth, Proceedings of the Vietnam-Japan Workshop on Estuaries, Coasts, and Rivers 2016 , Ho Chi Minh City, Vietnam, 2016921日.

(2)     Watanabe, K.Investigation of Saline Water Intrusion and Tidal Discharge for Different Type of River Mouths at the Sea of Japan Side, The 3rd symposium on Two-phase modelling for Sediment dynamics in geophysical flows (THESIS 2016), 中央大学,2016913日.

(3)     渡辺一也,小此木啄哉,今井勇士:河口形状の異なる日本海側河川を対象とした塩分遡上と入退潮量に関する検討,海岸工学講演会,東京,201511月.

(4)     渡辺一也:津波避難ビルと津波避難シェルターのハイブリッド活用,第126回東北水工学研究会,秋田,20159月.

(5)     Kazuya WATANABE, Toshiki KANNARI and Akane ITO: Investigation of Wave Set-up and Tidal Discharge due to Winter Storm Waves at the Sea of Japan side River Mouth, Vietnam - Japan Workshop on Estuaries Coasts and Rivers 2015,ホイアン,ベトナム,20159月.

(6)     渡辺一也・金子祐一津波避難ビル上に設置した浮体式津波シェルターの挙動に関する検討海洋開発シンポジウム,神戸,20156月.

(7)     渡辺一也,神成寿樹,伊東緋音:日本海側河川を対象とした冬季高波浪時のwave set-upと入退潮量に関する検討,海岸工学講演会,名古屋,名古屋

(8)     Watanabe, K. and Nomura, K.: Study of River Management Method Using Multipurpose Numerical Calculation at Small and Medium –Sized River, 19th APD-IAHR Congress, ベトナム,2014

(9)     渡辺一也・松谷和明浮体式津波避難シェルターを利用した津波避難に関する検討海洋開発シンポジウム,新潟・朱鷺メッセ,2014

(10)  渡辺一也:秋田県内の被害について,第118回東北水工学研究会,秋田・秋田大学,2013921日.

(11)  野村一至・渡辺一也,中小河川香東川を対象とした河床変動の検討,土木学会東北支部技術研究発表会講演概要,2013,仙台・東北大学,20133

(12)  渡辺一也:中小河川における現況把握と植生を考慮した洪水流計算,第115回東北水工学研究会,栃木・那須,20121215日.

(13)  野村一至・篠原実果・渡辺一也:香川県における中小河川の河口特性に関する検討,日本流体力学会年会2011,東京・首都大学東京,2011

(14)  野村一至・木村健人・徳田 章・渡辺一也 香東川を対象とした河川横断測量による現地調査,東北地域災害科学,郡山・日本大学,2011

(15)  Watanabe, K: Investigation of Water Depth Estimation Method at River Mouths from Physical Model, International Symposium on Innovative Technology towards Sustainable Society ITSS2010, Kagawa National college of Technology,2010.

(16)  渡辺一也:波浪データを利用した海上風観測手法に関する検討,海洋開発論講演会,鹿児島,???,2010.

(17)  小林 史・渡辺一也・藤井愛彦:波浪データを利用した海上風推定手法に関する検討,土木学会四国支部技術研究発表会,徳島・徳島大学,2010

(18)  渡辺一也・田中 仁・金山 進・Purwanto Bekti Santoso:感潮狭水路水深がラグーン内水位応答および流入塩分に及ぼす影響, 海岸工学講演会,水戸・??,2009.

(19)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: An Estimation Method of Water Depth at River Mouths and Its Applicability, Proceedings of the third international conference on estuaries and coast, Sendai, ???, 2009.

(20)  Watanabe, K., Tanaka, H., Srivihok, P. and Kourai, M.: Analysis of Sand Spit Decline at the Natori River Mouth Using Highly Frequent Aerial Photographs, Proceedings of the third international conference on estuaries and coast, Sendai, 2009.

(21)  渡辺一也:河口水位データに内包された河口地形情報の抽出方法とその評価,テクノマーケット,香川・高松高専2009831日.

(22)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダを使用した海上風推定手法にうねりが及ぼす影響について,日本流体力学会 年会2008,兵庫・神戸大学,2008

(23)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダによる自己完結型の吹送流推定システムの提案,海洋開発論講演会,岡山,pp861-8662008

(24)  渡辺一也・田中 仁:河口水位データに内包された河口地形情報の抽出方法とその評価,海岸工学講演会,宮崎・宮崎観光ホテル,2007119日.

(25)  渡辺一也・富田孝史:海洋短波レーダによる津波観測の実現に向けた吹送流成分の除去手法の検討,海洋開発シンポジウム,長崎・長崎ブリックホール,2007711日.

(26)  渡辺一也:海洋短波レーダを使用した津波観測システムに関する検討,第4回 水工学合同ゼミ, 神奈川・横須賀,防衛大学校,2006122.

(27)  Watanabe, K., Tanaka,H., Yamaji,H. and Asayama,J. : Estimation of Seasonal Water Depth Variation at the Natori River Mouth Using Water Level Data, Proceedings of 15th APD-IAHR Congress, インド・チェンナイ,インド・マドラス工科大学,2006810.

(28)  Kazuya WATANABE, Daisuke TATSUMI: Technology on Real-time Tsunami Prediction, Workshop on Tsunami Disaster Mitigation,神奈川・横浜,JICA研修センター,200683.

(29)  渡辺一也・田中 仁:河口水位データに内包された河口地形情報の抽出方法とその評価, 土木学会東北支部技術研究発表会, 青森・八戸,八戸工業大学,2006310.

(30)  渡辺一也Nguyen Trong Tu・田中 仁: 洪水時の河口砂州崩壊とその回復過程, 海岸工学講演会, 青森・青森, 2005119日.

(31)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Investigation on seasonal variation of water depth at a river mouth in response to river discharge and wave action, Proceedings of 3rd Asian and Pacific Coastal Engineering Conference,韓国・済州島,2005948.

(32)  渡辺一也・田中 仁・中山大輔: 中小河川の河口地形変動とそのモニタリングに関する検討, 河川技術論文集, 東京,東京大学,20056.

(33)  渡辺一也・田中 仁・山路弘人: 七北田川河口水深の短期変動について, 土木学会東北支部技術研究発表会,宮城・仙台,東北工業大学 20053.

(34)  渡辺一也・田中 仁:河川流量・波浪に呼応した名取川河口水深の周年変動に関する検討, 東北地域災害科学研究, 山形・鶴岡,山形大学,20051.

(35)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Estimation of water depth at a river mouth using water level variations -application to Lake Jusan-, Proceedings of 14th APD-IAHR Congress, 中国・香港, Sheraton Hotel200412.

(36)  渡辺一也・田中 仁: 岩木川水戸口における河口水深の推定, 河口研究, 10, 新潟・長岡,長岡技術科学大学,200492.

(37)  渡辺一也・田中 仁・佐々木幹夫: 十三湖水戸口における河口水深の推定, 土木学会東北支部技術研究発表会講演, 秋田・秋田,秋田大学,20043.

(38)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Recovery process of sand spit at the Natori River mouth, Proceedings of 2nd Asian and Pacific Coastal Engineering Conference, 千葉・幕張,幕張プリンスホテル,2004229日〜34.

(39)  田中 仁・ソンブン ポンピナテポン・渡辺一也・パチャノク スリヴィホク: 閖上漁港の防波堤延伸に伴う港内汀線の変化, 東北地域災害科学研究,秋田・秋田,秋田大学,200312.

(40)  渡辺一也・田中 仁: 名取川感潮域における水位応答を利用した河口水深の推定, 海岸工学講演会, 東京,中央大学,20031118-20.

(41)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Accuracy of an estimation method of water depth at a river mouth using water level variation, Proceedings of International Symposium on Estuary and Coast, 中国・杭州, 2003119-11.

(42)  渡辺一也:感潮域における水位変動特性を利用した河口水深の推定, 78回東北水工会, 福島・相馬,相馬海浜自然の家,200396.

(43)  Watanabe, K. and Tanaka, H.: Change in river mouth morphology induced by reduction of tidal compartment, Proceedings of XXX IAHR Congress, ギリシャ・テッサロニキ, 20038.

(44)  渡辺一也・田中 仁: 十三湖水戸口における水位変動特性と地形変化, 河口研究, 石川・金沢,金沢大学,2003819.

(45)  渡辺一也・田中 仁: 潮位変動に対する河口水位応答から推定される河口水深の精度, 河川技術シンポジウム,東京,東京大学,20036.

(46)  渡辺一也・田中 仁: 河口部における地形変化に対する水位の応答特性, 土木学会東北支部技術研究発表会講演,宮城・仙台, 東北学院大学,20033.

(47)  渡辺一也・田中 仁: 洪水後の名取川河口砂州変形過程, 東北地域災害科学研究,青森・弘前,弘前大学 20031.

(48)  渡辺一也・田中 仁・槻山敏昭: 名取川における河口処理と地形変化,海岸工学講演会,北海道・釧路,釧路市観光国際交流センター,200210.

(49)  渡辺一也・田中 仁:台風0206による洪水時の名取川河口地形変化とその回復過程, 21回日本自然災害学会学術講演会, 宮崎,宮崎大学,20029.

(50)  渡辺一也・田中 仁:台風0206洪水時の名取川河口地形の変化とその回復過程, 河口研究, 徳島,徳島大学 2002829.

(51)  渡辺一也・山路弘人・田中 仁: 名取川河口水位変動の詳細計測,河川技術シンポジウム,東京,芝浦工業大学, 20026.

(52)  渡辺一也・田中 仁: 名取川河口改修に伴う河口地形・水位変動の変化, 土木学会東北支部技術研究発表会講演概,福島・郡山, 日本大学,20023.

(53)  渡辺一也・田中 仁: 名取川河口改修前後の河口砂州地形の変化, 東北地域災害科学研究,岩手・盛岡,岩手大学,20021.

(54)  渡辺一也,梅津 剛:炭素繊維濾材を用いた高濃度アンモニアと硝酸態窒素の除去装置の開発,土木学会関東支部技術研究発表, 群馬・前橋, 前橋工科大学,20013月.

 

【資格】

・英語検定 準2

・普通自動車1種運転免許

・漢字検定2

・測量士補

・危険物取扱者 丙種

・危険物取扱者 乙種 4

・危険物取扱者 乙種 3

・危険物取扱者 乙種 1

・危険物取扱者 乙種 6

・将棋 五段