ホーム

コース長の挨拶

教育理念

教育内容

入学案内

コースの紹介

学生研究テーマ

就職情報

同窓会

コース内情報

リンク

お問い合わせ

サイトマップ

english

教育理念

土木環境工学コースの概要と理念

高齢者や障害者が快適に利用できる交通環境、都市環境の設計、持続可能で高品位な地域システム構築のための技術提案ができる人材、エココンクリートや高耐久木質材などの開発、特性評価を通して構造景観設計ができ、建設廃材のリサイクル技術に貢献できる人材、また、地盤、水などによる災害環境把握のためのコンピュータシミュレーション技術の開発、エコロジーや自然型河川の設計および施工に貢献できる人材を養成することを目指しています。以下に本コースが育成しようとする自立した技術者像と、学生が習得すべき能力と素養として設定した学習・教育目標を示します。


育成しようとする技術者像

本コースの特徴は、1998年4月の学部改組において、それまでの時代的、地域的背景から土木工学を見直し、ノーマライゼーション理念のもと人類愛に基づく人生観や地球規模での環境観を持ち、質の高い持続可能な社会の発展に資する基盤的施設の設計、整備を行う人材の養成を目的として、『人類の生活空間に係わる諸現象を調査・分析し、公共の福祉の立場に立つとともに環境機能を重視した新たな生活空間を創出する技術について教育・研究するもので、「土木工学」に「環境科学的体系」を組み合わせて創出された学問分野』として「土木環境工学」を定義したことです。このような教育・研究理念に基づいて、以下の知識と能力を備えた技術者の育成を目指しています。
(1)福祉をめざした快適な都市・地域社会の創造に関する知識と能力を備えている
(2)環境に適合した構造物の設計と施工に関する知識と能力を備えている
(3)水環境と地盤環境の保全、改善に関する知識と能力を備えている



土木環境工学コースの学生が習得すべき能力と素養(学習・教育目標)

No.
主文
No.
項目
キーワード
(A)

社会基盤整備において,人間の幸福や公共の福祉,地球環境的視点から,社会の要請を多面的にとらえ, 確固とした土木環境工学の基礎的および専門的知識や技術を用いて,総合的な解決策をデザインする素養と能力を身につける。

(A-1)
土木環境工学の基礎知識 基礎知識
(A-2)
土木環境工学の応用知識 応用知識
(A-3)
社会基盤整備における総合的な解決策のデザイン能力 総合解決能力
(B)
自然や生命等、地球環境に広く関心を持ち、これを多面的な視点で考察する能力,ならびに土木環境工学に関する基礎知識の応用を通じて,自然と社会との関わりやそれら相互の影響を理解し,技術者として自然や社会に対する責任を自覚する素養を身につける。
(B-1)
地球環境に関心を持ち多面的な視点で考察する能力 地球環境
(B-2)
技術者としての倫理観 倫理観
(C)
社会がかかえる課題の進化を認識し,土木環境工学において新たに生じる課題対応に必要な専門的知識や技術を,自主的,継続的に学習できる能力を身につける。
(C-1)
新たな課題に対応できるよう自主的・継続的に学習する能力 継続的学習
(D)
数学や自然科学,情報技術などの基礎知識を習得し,自然現象や社会現象のメカニズムを理解する能力を身につける。また,人文科学や社会科学の知識を習得することで,多様な情報を収集・分析し,社会の要請を多面的にとらえる能力を身につける。
(D-1)
自然科学などの基礎知識 自然科学
(D-2)
人文科学および社会科学知識 人文・社会
(D-3)
情報を収集・分析する能力 情報
(E)
現象を理解し、問題の所在・解決策を論理的に記述・発表する能力を身につける。また、討論を通じて現象に対する理解を深め、解決策の問題点を改善する能力を身につける。さらに、国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身につける。
(E-1)
論理的に記述・発表する能力 記述・発表
(E-2)
討論を通じて改善する能力 ディベート
(E-3)
国際的コミュニケーションのための基礎能力 コミュニケーション
(F)
自然環境,社会環境,経済環境,時間等の制約下において,目標とそこに至るプロセスを自ら設定し,計画的に仕事を遂行する能力を身につける。
(F-1)
目標とプロセスの設定能力 立案
(F-2)
計画的な仕事の遂行能力 遂行

fb

上に戻る